絶対的な正解というものがないのが
義歯製作の深いところ

デンタルオフィス日本橋千葉 泰幸

患者さんや歯科医師の意図を盛り込み作る入れ歯は、仕上りの深さが違う

— 今までのご経歴と入れ歯(補綴)の道を志したきっかけを教えてください

東北歯科技工専門学校在学中、臨床実習(実際の入れ歯治療研修)中に、歯科医師と患者さんとの治療を直接自分で確認できないなかで、歯科医師からの指示書と技工物(入れ歯)のやりとりだけで製作が進んでいく形に違和感を憶え、歯科医師に「自分が作った技工物が患者さんのお口の中で、治療がどのように行われているのか確認したい」と相談したところ、院内ラボ(歯科医院のなかにある歯科技工所)に就職しなさいと言われたのがきっかけで、中規模のラボや、いくつかの院内ラボで勤務をして経験を積んで参りました。

— 1日の仕事を簡単に教えてください

日本橋の技工責任者として、他の歯科技工士達が仕上げた技工物の品質チェックをしたり、実際に技工物の製作を担当した患者さんの予約に合わせて、お口にセットした際の確認や修正を行います。
また、ハイライフグループ内で日本橋医院以外に製作を担当している技工物に関しては、入れ歯の試適(試着)時に立会いを行い、実際の患者さんとの治療に参加しながら、製作する技工物への情報として活かしています。

— 仕事へのこだわりや心がけていることは

いかに記憶に残るような、ご満足頂ける症例にするかを工夫したり、入れ歯の形状や設計などが何故そうなっているのかを理論立てて説明できる品質になるように、仕事に熱量を持って向かい合うことが大切だと思います。
そうやって技工物と真剣に向かい合うことが、仕事やものづくりへの意欲・面白みに繋がっています。
また、医療だからこそ、1つひとつの技工物に対して、自分からの押し付けのような形にならずに、患者さんの主訴(悩み)に則しているかというところを最終的な重点ポイントとして日々取り組んでいます。絶対的な正解というものがないのが義歯製作の深いところだと思うなかで、数多く存在する学術的な重要点の何を選択していくかというのが重要だと考えます。
また、患者さんと歯科医師と歯科技工士とが顔を合わせ、会話をして治療をともにするなかで、患者さんや歯科医師の意図を盛り込んで作る入れ歯は、仕上がりの深さが違うということを今までに体感してきました。

— 治療を検討している患者さんに伝えたいこと

日本橋医院では診療室のすぐ横に技工室があり、そこで義歯を製作しております。
ガラス越しに実際に私達が入れ歯を製作している姿を直接ご覧頂くことが可能です。治療にも立会い、入れ歯製作工程において実際にさまざまな確認を一緒にさせていただき、患者さんにとってよりよい入れ歯を提供するお手伝いをさせていただきます。

デンタルオフィス日本橋
千葉 泰幸

  • 【略 歴】
  • ・1999年 東北歯科技工士専門学校卒業
  • 【資 格】
  • ・BPS認定歯科技工士

無料初診相談のご案内

ハイライフの入れ歯治療は、初診で約1時間の検査を行いお悩みの原因を把握してから治療に進みます。
現在のお悩みやご要望、お身体の状態などをじっくりお伺いして、お口の状態や、事前に治療が必要になる箇所、お悩みの原因になっている部分などを診察します。
診察結果を元に、治療方法、期間、費用をご説明させていただき、患者さんに十分に検討頂いてご納得されてから治療の開始となります。

  • 現状と今後の予測で診断
    現状と今後の予測で診断
  • オーダーメイドの治療計画をご提案
    オーダーメイドの治療計画をご提案
  • 治療期間/費用をご説明
    治療期間/費用をご説明
初診料金
無料(〜90分) ※レントゲン/歯周病検査が必要な場合のみ、別途〜¥5,000程度かかります。