2019.11.01

部分入れ歯の前歯が目立つのは嫌!見た目を良くする部分入れ歯

前歯に入れ歯をされている方、またはこれから入れ歯を作製される予定の方の中には、入れ歯を装着した時の見た目について悩んでおられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
前歯はお口を開いた時や笑った時にどうしても見えてしまう場所なので、自然で綺麗な入れ歯をしたいですよね。
また、前歯はお食事の際にかぶりつくのに必要であったり、言葉の発音においても大きな役割を果たす為、使用感に関しても気にされている方もいらっしゃるでしょう。
今回は前歯に入れ歯をされる場合、どんな入れ歯なら見た目を気にする事無くお使い頂けるかをご紹介致します。

1.前歯の部分入れ歯に必要な金属のバネ、クラスプとは

クラスプとは残っている健康な歯に掛ける金属のバネのようなもので、入れ歯を安定させる為にとても重要なものです。
補う歯の両隣の歯にクラスプを掛けますが、両端だけではクラスプを掛ける歯に負担が掛かり過ぎると判断された場合は更にクラスプを増やす事もあります。

前歯の様にお口を開けた時や笑った時に見える歯にクラスプを掛ける場合は金属が目立ってしまう事を気にされる方も多くいらっしゃいます。
また、クラスプに使用される金属にアレルギーを起こす可能性がありますので、金属アレルギーをお持ちの方は歯科医師にご相談頂き、アレルギーのリスクが少ない種類に変更するなどして下さい。

保険のクラスプがついた部分入れ歯

2.見た目の良い部分入れ歯ノンクラスプデンチャーとは

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャーは、通常金属で作られるバネの部分が特殊なプラスチックで作られた入れ歯です。
ピンク色で透明感のあるプラスチックで作られるので、クラスプが目立たず歯茎と馴染み、入れ歯だと気付かれにくいので、審美面でのお悩みを抱えていらっしゃる方におすすめです。

通常の入れ歯とノンクラスプデンチャーの違い
ノンクラスプデンチャーは「スマイルデンチャー」「エステティックデンチャー」などとも呼ばれます。
使用されるプラスチックの種類によっては、曲げられる程柔らかく、パキッと割れない分壊れにくいタイプのものもあります。
クラスプによる入れ歯のお悩みを抱えていらっしゃる方は、歯科医師にご相談頂くと良いでしょう。
ただし、ノンクラスプデンチャーの禁忌症例として、前歯のみに入れ歯をされる場合はノンクラスプデンチャーを作製する事は出来ませんので、作製を考えていらっしゃる方は歯科医院で検査し診断してもらって下さい。

3.ノンクラスプデンチャーのメリットとデメリット

3-1.メリット

ノンクラスプデンチャーのメリットは、入れ歯だと分かりにくい仕上がりであるという事が一番に挙げられます。また、特殊なプラスチックを使用する為薄く軽く作製する事が出来、使い心地も通常のプラスチックの入れ歯に比べて違和感が少なくお使い頂けます。金属を使用しない為金属アレルギーの心配もありません。

バネが目立たない
見た目を改善させる為にインプラントをお考えになる方もいらっしゃいますが、インプラントは歯茎の状態や顎の骨の状態、全身疾患や生活習慣など、条件によっては出来ない可能性もあります。
また、インプラントにする為には外科処置が必要になる為、インプラントを諦める方もいらっしゃいます。
そういった方にも、ノンクラスプデンチャーなら入れ歯で見た目の回復が出来る為安心です。
柔らかく撓むタイプのノンクラスプデンチャーは、硬い入れ歯に比べてお口に馴染みお痛みも改善出来るよう作られています。
患者様によっては柔らかく撓む事で噛み合わせが安定せず、不具合に繋がってしまう場合もありますので、よくご検討頂いた上で作製して下さい。

3-2.デメリット

特殊なプラスチックを使用する為、壊れた時の修理が難しく、多くの場合は作り直しになってしまいます。
通常のプラスチックの入れ歯ですと、欠けたり割れたりした際に材料をつぎ足して修復出来る場合がありますが、ノンクラスプデンチャーに使用されるプラスチックはこういった材料とは性質の違うものになる為接着しづらいのです。
数日お預かりし修理出来る場合もありますが、病院内でその日の内に修理する事は出来ない事が多いので、落としたりしないよう取り扱いに注意が必要です。
実際に歯磨きの際に洗面台に落としてしまうという方が多くいらっしゃいますが、薄く作られている分強い力に弱く割れやすくなっています。
また、金属のクラスプに比べてクラスプ部の強度も弱く、安定性の面でも金属のクラスプよりは劣ってしまいます。保険適用外なので保険で作製するよりも高額なご料金が掛かってきます。

4.見た目が綺麗でしっかり噛めるコーヌスクローネ

コーヌスクローネ義歯
コーヌスクローネは、歯の根っこ残せる場合のみに作製出来ます。
お口の中の状態にもよりますが、失ってしまった箇所の両隣の歯の根っこに金属のキャップを立て、入れ歯の方にもキャップとぴったりと被さるような金属の蓋を作ります。
キャップと入れ歯に取り付けられた蓋が、入れ歯を装着した際に茶筒の蓋のようにしっかりと被さるので、コーヌスクローネは安定性も高く違和感少なくお使い頂く事が出来ます。
キャップに被さる形なので金属のバネも無く、綺麗な見た目に仕上がります。

コーヌスクローネ
しかし、金属のキャップを立てる歯を支えにする為、根っこが負担に耐えられるかどうかにより作製出来ない場合があります。また作製に高度な技術が必要な為作製出来る歯科医師は少ないので、ご希望の方はインターネットなどで取り扱いのある歯科医院を探してみて下さい。
また、コーヌスクローネも保険で作製する事が出来ず、自費での作製となります。
作製には100万円以上の高額なご料金が掛かる場合があり、歯科医院によってご料金が異なりますので、ご検討頂いた上で治療を初めて下さい。

まとめ

入れ歯の見た目についてお悩みの方に適した、ノンクラスプデンチャー,コーヌスクローネという、金属のクラスプを使用しなくても装着出来る部分入れ歯をご紹介してきました。
どちらの入れ歯にもメリット・デメリットがあり、又お口の中の状態によっては作製出来ない場合があります。そういった場合は、クラスプの掛け方を変える事でクラスプが見えづらく出来る可能性もあります。
入れ歯の設計によっては出来ない場合もありますが、一度お使いの入れ歯をお持ちになって歯科医師にご相談下さい。

【監修・執筆】ハイライフ編集部監修
所属:ハイライフグループ
略歴:

無料初診相談のご案内

ハイライフの入れ歯治療は、初診で約1時間の検査を行いお悩みの原因を把握してから治療に進みます。現在のお悩みやご要望、お身体の状態などをじっくりお伺いして、お口の状態や、事前に治療が必要になる箇所、お悩みの原因になっている部分などを診察します。
診察結果を元に、治療方法、期間、費用をご説明させていただき、患者さんに十分に検討頂いてご納得されてから治療の開始となります。

初診料金 無料(〜90分) ※レントゲン/歯周病検査が必要な場合のみ、別途〜¥5,000程度かかります。